京都市西京区で延べ1万回以上の臨床実績を持つ鍼灸整骨院

西京鍼灸整骨院


オスグッド・シンスプリントなど【スポーツ障害】

西京鍼灸整骨院はスポーツ障害の施術も行っております。身体の不調や心配無く、大好きなスポーツを全力で楽しんでいただけるよう精一杯サポートさせていただきます!

スポーツ障害とは?


主にスポーツ活動による使いすぎ(オーバーユース)が原因となっておこる組織の損傷のことをいいます。つまり繰り返しの外力によって起こる腱や靭帯、その付着部、関節、骨や軟骨などに起こる炎症です。

スポーツ外傷はどんな種類があるの?


hyou.png
スポーツ障害の種類は多岐に渡ります。種目特有の症状もあれば、種目問わず発症しやすい症状まで全身のあらゆる箇所にリスクがあります。当院でも特に多いスポーツ障害をいくつかピックアップして紹介していきます。

オスグッド・シュラッター病


バスケットボールやサッカー、陸上されている学生さんによくみられる症状です。膝のお皿の下がボコッと盛り上がっていて、走ったり強く曲げると痛みが出ます。太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が過緊張されている場合が多く、骨の成長に筋肉や靭帯・腱の成長が追いつかない為に起こります。施術としては太ももの筋肉の緊張を緩めるようにしていきます。

野球肘


野球のピッチャーによくみられる症状です。投球時に肘の内側が痛みます。原因は悪いフォームでの投球や、過度の投球による負担や関節にかかるストレスです。手のひら側の前腕の筋肉が緊張していることが多く、施術としては前腕の緊張を緩めるようにしていきます。似ている症状でテニス肘というのもあります。

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)


マラソン選手やランナーによくみられる症状です。スネの内側が痛みます。運動などの過度の負担の繰り返しで炎症を起こすのが原因です。一点に集中する痛みというより、鈍痛というのが特徴です。施術としては膝から下の負担がかかっている筋肉の緊張を緩めていきます。

 

足底筋膜炎(足底腱膜炎)


主に40代~50代の方に起こりやすいですが、スポーツをされている方にもよく起こる症状です。足の裏で特に踵の近くが痛みます。走るときや朝起きて一歩目が痛いと言われる方が多いです。施術としてはふくらはぎから足底までの筋肉の緊張を緩めたり、テーピングを行います。

スポーツ障害の予防法は?


運動前にはウォーミングアップとストレッチをしっかり行う
正しいフォームを練習して身につける
運動後にはクールダウンやアイシングを行う

西京鍼灸整骨院でのスポーツ障害施術法は?


体のクセや筋肉のバランス、背骨の状態など人によって様々ですので一人ひとりに合わせたオーダーメイドの施術を行います。出来るだけ患者様の意・希望を尊重しながら施術方針も決めていきますので何でもお気軽にご相談くださいね☆

西京鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒615-8221
京都府京都市西京区上桂東ノ口町150番地
秀保マンション1F
アクセス:
阪急嵐山線 上桂駅から徒歩12分
阪急京都線 桂駅から徒歩14分
京都市バス 桂徳大寺から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
075-754-7286
受付時間:
【平日】
午前 9:00~12:00
午後 16:00~20:00
【土曜日】
9:00~13:00
定休日:
土曜日午後、日曜、祝日

メールでのお問い合わせ



京都市西京区×整体
京都市西京区×整骨院接骨院
京都市西京区×鍼灸(はりきゅう)
【2018年2月時点】

ページ上部へ