京都市西京区で延べ1万回以上の臨床実績を持つ鍼灸整骨院

西京鍼灸整骨院


もみかえしと好転反応の違いについて

あなたは整体院やサウナのマッサージ屋などでで施術を受けた後にかえって身体がしんどくなった経験はありませんか?

それはもみかえし、もしくは好転反応だと考えられます。

症状としては他にこのようなものがあります
  • 施術後に重だるさ(倦怠感)が出た
  • 施術をしてもらう前より痛みが強くなった
  • 施術の次の日熱がでた
  • 施術後に頭痛がでた
  • 翌日の朝に全身固まって動けない

では、よく聞くもみかえしと好転反応は何が違うのか?

ズバリ!マッサージなどで良い筋肉までやたらめったら押した時に出るのがもみかえし。
つまり筋肉に対して刺激量がきつ過ぎたり、無理な指圧などを行う事で正常な筋肉を傷つけてしまう状態です。

それに対して身体が良い状態に変わろうとする時に一時的に起こるのが好転反応です。
これは正常な反応なので全く問題ありません。それを感じる人はむしろ治療効果が出やすい人といえます。

長年悪いクセを覚えてしまっている体が急に正しい状態に戻された時に筋肉が少しビックリしてしまうようなイメージです。
一時的にビックリした筋肉もすぐに正しい状態に慣れてくれるので、症状もすぐおさまります。

好転反応が出るまでの時間や症状が続く期間には個人差がありますが1~2日くらいで治ることが多いです。

私たちの所に来られる利用者さんも「○○整骨院で揉んでもらったら余計に痛みがきつくなったわ・・・」という方もいらっしゃいますが、ただの好転反応ということもあります。

1回で前の治療をやめてしまってもったいないなと感じることもありますが、整骨院がしっかり好転反応の説明をしていなかったのも原因があると思います。

西京鍼灸整骨院では背骨や骨盤の調整、肩甲骨はがし整体など根本改善を目的とした施術を行うのでこういった好転反応が起こることもあります。

だからこそ施術を受けていただいた方全員に好転反応の説明を必ず行うべきだと思いますし、当院では徹底しています。

もし好転反応が出た時の対処法は
  • なるべく安静にゆっくりと過ごす
  • 身体の中の老廃物が早く出るように水分をたっぷり取る
  • 無理の無い範囲で適度な運動
  • お風呂にゆっくりつかってリラックス


皆さんも正しい知識を身に付けて、もみかえしと好転反応への理解を深めましょう!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

西京鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒615-8221
京都府京都市西京区上桂東ノ口町150番地
秀保マンション1F
アクセス:
阪急嵐山線 上桂駅から徒歩12分
阪急京都線 桂駅から徒歩14分
京都市バス 桂徳大寺から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
075-754-7286
受付時間:
【平日】
午前 9:00~12:00
午後 16:00~20:00
【土曜日】
9:00~13:00
定休日:
土曜日午後、日曜、祝日

メールでのお問い合わせ



京都市西京区×整体
京都市西京区×整骨院接骨院
京都市西京区×鍼灸(はりきゅう)
【2018年2月時点】

ページ上部へ